×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いびき対策

Image Replacement

いびきの原因となるものはたくさんあります。いびきを防止して解消する為には、きちんとしたいびき治療をする必要がある場合があります。最近ではいびき外来などもありますね。いびき用の枕やマウスピースなども売られています。いびきの原因を突き止めて、きちんと対策していきましょう。

いびき原因

気道が狭くなる原因としては、舌が大きすぎる、首が太くて短い、扁桃腺や咽頭扁桃が大きい、口呼吸をしている、鼻がつまっている、口の周りの筋肉が弱すぎるなどがあるでしょう。お酒を飲んだことにより、のどがむくんでいびきをかいてしまったり、ホテルなどの乾燥した部屋で寝たときだけいびきをかくこともあるので、人にいびきを指摘されたからといって、自分が日常的にいびきをかいているとは限りません。いびきの原因がはっきりしているなら、それを改善するといびきは直ります。起きた直後に頭痛がしたり、昼間とても眠かったり、睡眠中に何度も目が覚めるようなら、病院で適切な治療を受けた方がいいでしょう。少し太っただけでも、気道が狭くなってしまうことがありますし、疲れていると舌がのどに落ち込んでいびきをかいてしまう人もいます。いびきの原因は、何らかの原因で気道が狭くなっていることにあります。そんな時には体をそっと揺さぶるなどして、起こしてみてください。また、いつもはいびきをかかない人が、突然いびきをかきだした時には、脳血管障害など深刻な病気の場合もあるのです。ただし、いびきの後に呼吸が止まるなら、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。いびきをかいていても、日中に眠くなるなどの症状がないなら、「単純いびき症(もしくは、原発性いびき)」なので、それほど問題はないかもしれません(熟睡はできていない可能性が高いですが)。

いびきの治療法

太りすぎで気道が圧迫されていびきをかくことも多いので、ダイエットしたらいびきが改善したという例もたくさんあります。枕などの寝具を変えるだけでもいびきの治療法になることがあるので、試しやすい治療法から試して、どうしてもいびきが改善しなかったら、手術を検討するといいでしょう。マウスピースをして寝た人の半数以上のいびきが減ったという話もあります。いびきをかくと電気刺激で寝返りをうたせてくれる腕時計をするのも、有効な方法かもしれません。自分でできる限りのことをしても、いびきが治らなかったら、医療機関に相談しましょう。いびきの治療法には、お酒をやめたり、ダイエットしたりというような生活習慣を改善するものから、鼻腔を広げるテープなどを使って気道を広げるもの、手術をして気道を広げる方法など、いろいろあります。自分だけでは生活習慣を改善できない場合は、定期的に通院して医師の指導を受けると効果的です。鼻が乾燥していると口呼吸になってしまっていびきに繋がるので、加湿器を使ったり、点鼻スプレーで鼻の中をしめらせたりするといいでしょう。口にテープを貼って、口呼吸できないようにするという方法もありますが、できるのは鼻のつまりがない人だけです。薬を服用したり、鼻に専用のマスクを装着するなど、手術以外にも医療機関でできるいびきの治療法は多いのです。横向きやうつぶせに寝るといびきをかきにくいので、抱き枕を使って横向きに寝るようにしたり、うつぶせでも苦しくない枕を買うのもいいと思います。


鼻腔拡張テープ レギュラ
鼻腔拡張テープ レギュラー 15枚
いびきストッパー SNO
RE GONE スノアゴーン 12350